有休消化中に派遣で副業をしたお話

正社員のこと
スポンサーリンク

我ながら、まためんどくさいことをしたもんです(笑)
ただ、どうしてもお金が欲しくて、とっても計画的に進めました。
色々大変でしたが、なんとか無事、計画通りに進みました。本当は転職先に、有給消化中に入社したかったのですが、転職先が受け入れてくれず、ダメでした。
その結果、本業の基本給26万に加え、20万程度稼ぐことができました。
副業、有休消化中のダブルワークをしたい方の参考になると嬉しいです。

それぞれの会社のこと

まず、今回関わった会社の説明をさせて下さい。

前の会社 本業と呼ぶことにします

中堅Sier正社員で、在籍期間は2年と10か月でした。
1月末退社
有休消化開始が12/20

派遣先の会社 副業と呼ぶことにします

大手広告代理店のコールセンター部。
広告代理店てコールセンター持ってるんですよ。しかも、自社のためのではなくて、広告先の?なのかな?
まったく関係ない大手銀行さんの対応でした。
時給は1200円。交通費込み。
派遣会社は昔、バイト時代にもお世話なっていたベルシステム24という派遣会社でした。

ベルシステム24なかなかいいです。しっかりしてて、いい子がそろってます(笑)
年上の方も多かったので、いい子は語弊があるか…
いい方が多くて働きやすかったです。

転職先の会社 転職先①と呼ぶことにします

最初、正社員として転職する予定でした。ただし、色々問題があり、途中で辞めることに…。
ほんとにやめてよかったです(笑)

転職先の会社 転職先②と呼ぶことにします

結論から言うと、正社員ではなく、SE派遣会社に入りました。
大手SE派遣会社…もう言ってもいいか。
パーソルテクノロジースタッフに登録しました。
この後1年ほど働くことになります。

まず有給消化のスケジュールを決める

スケジュールはこんな感じでした。

しっかり計画的に進めました。
有休の残数をしっかり考えて、有休消化中にも出勤しないといけない日が月1くらいあったので、それを前もって調べておきました。

本業の残有休数:23日
本業の必須出勤日:12月末に1日。1月末に1日
そこから逆算して、働き始められる日を決めました。
また、この時すでに結婚しており、キャバ嬢のようなことは論外な上、平日9時6時で働く主人と同じスケジュールの仕事というのが、必須条件になっていました。

逆算の結果、有給消化は12/20~となりました。以下参照

有給消化のスケジュール

有給消化の使い方パターン3つ

3つのパターンを想定して、お仕事を探しました。

優先度1:有給消化中に転職先に就職

有給消化中に転職先に就職

この形が最も理想でした。ただ、これをするためには、転職先の方が副業として(源泉徴収を乙として)働くことを許してくれなければいけません。元々転職先は正社員を想定していたので、これは難しかったです。転職先が派遣やフリーランスであれば、特に問題はないかと思います。(派遣には他に乙として働いている方がいますし、フリーランスはそもそも源泉徴収がないので)

私も最初から派遣で働くことを決めていれば、これができたのに…。残念です…。

ただし、正社員、派遣の転職先に転職した場合は、本業との契約が切れた時点で、副業→本業への切り替えをしてもらわないといけません。先に伝えておくといいと思います。

優先度2:有給消化中に副業

有給消化中に副業

結論から言うと、この形になりました。

一番面倒事も少ないです。本業にも転職先にも副業の話をする必要がないからです。

優先度3:有給消化中から副業。その後、少し開けて転職先に就職

有給消化中から副業。その後、少し開けて転職先に就職

優先度2の場合、どうしても副業の期間が短くなってしまうので、副業が見つかりにくいです。2ヶ月以上の副業しか見つからなかった場合は、この形もやむおえないかなと思っていました。

ただし、この場合、副業の2月分が、本業扱いとなります。社会保険に入ったり、源泉徴収してもらったり…。ちょっと面倒です…。

本業扱いとしないで、2月は社会保険に入らない方法もありますが、それはそれで社会保険から国保への切り替え、年金の切り替え等、とてもめんどくさいそうです。

スケジュール

まず転職先を探しました。
これが決まらないことには、話が進みません。
9月頃から情報収集を始め、本格的に面接など受け始めたのは10月頃になります。
図で表すとこんな感じ。

今回、私は転職先を一回決めたのですが、転職先①を辞退し、転職先②を探しました。そのため、こんなややこしいスケジュールになっています。

転職スケジュール、実際

この転職先①の辞退の件がなければ、こんな感じになっていたと思います。

転職スケジュール、理想の形

うーん、すっきり。これから活動される方は、こっちの方を参考にしてください。

実際の活動ベースで、それぞれの内容を説明していきますね。

下準備

正社員を考えていたので、転職フェア、転職エージェントなど情報収集をはじめました。

転職先①探し

10月頃から、本格的に応募をはじめ、11月頭頃、3社ほど内定を頂き、どこも2月から入社できるとお話を頂きました。
上で書きました有給消化の使い方パターン3つの中の優先度1のように、有給消化中に就職したかったので、 「1月は丸々有休消化中なので、1月から働けませんか?」と聞きましたが、やはり、そういう特殊な処理はめんどくさいようで、2月からにしてくれとお断りされました。

ただ、優先度3になる可能性も残っていたので、一応、2月から入社希望ですが、今、引き継ぎでもめているので、もしかすると3月入社にさせて頂くかもしれません。と布石を打っておきました。

副業探し

転職先が決まったところで、副業を探し始めました。
まずは優先度1を理想としていたので、優先度1が断られてから探し始めました。
なので、動き始めたのが11月頭頃
内定に返事をする前に決めたかったので、11月頭頃、大急ぎで探しました。
派遣会社に5つ登録しました。それぞれ登録会にも行きました。
時間もなかったので、分刻みのスケジュールで、業後一日に2件回ったりもしました。
事務系の仕事、日雇い系の仕事(自動販売機の補充とかチラシ配りとか)を探していました。

ですが、やはり23日間のみという時間制限がネックになり、なかなか見つかりません。
日雇い系の仕事の仕事はあったのですが、それだと逆に毎日仕事を探す必要があり、仕事がない日もあるし、いい仕事がある日もあるけど、変な仕事しかない日もある。
事務は無理そうだと感じ、以前お世話になっていた会社を思い返すことにしました。キャンペーンガール…土日だな…。イベントスタッフ…土日だな…と。
それで、ベルシステムを思い出しました。
翌日ベルシステムに話を聞きに行き、経験者ということで、お仕事候補を一つ頂きました。
時給1200円。交通費込み。9時18時。という条件でした。
数日後、派遣先の面接に行き、合格を頂きました。
必須出勤日や23日間のみというのも了承していただけました。
今有休中なんですということも説明しました。

転職先①への報告

副業のことは当然話しませんが、引き継ぎが落ち着いたので、2月入社ができそうです。と1社に報告しました。残りの2社はお断りしました。
ただし、この時、2月から入ろうとしている会社が、下請け気質のIT企業だということをあまり深く考えていませんでした…

転職先①辞退

ここの転職先①の、給料形態は変わっており、自分の単価の4割程度を給料して支払われるというものでした。 社内ニートになってしまったら給料は23万とのことでした。
そして、私は気が付いてしまいました。正社員のいいところは、仕事がなくても会社が養ってくれることなのに…
これでは、仕事がなくても会社に来てくれれば、自社で時給1400円(160時間で約23万)で雇ってあげる代わりに、マージンめちゃめちゃ頂戴ね。と言っているただの派遣会社です。

なので、いや、ならは、正社員という路線を捨て、派遣かフリーランスでも同じでは?と思い、
派遣かフリーランス の道を探すことにしました。
元々いつかはフリーランスにはなるつもりだったので、予定が早まったって感じですね。

転職先②探し

前の会社で時間をとられ、気が付けば12月中旬でした。
内定をお断りした2社に声をかけようかとも思ったのですが、思いついてしまった、派遣かフリーランスの魅力が強く、派遣かフリーランスを探すことにしました。
結果、パーソルテクノロジースタッフ(当時は「インテリジェンスの派遣」という名前だったのですが)と出会い、仕事も見つかり、そこで働くことになりました。

まとめ 同じことをしようとしている方へ

私の場合は転職に失敗しかけたこともあり、より大変だったのですが、この期間、就職先の面接、派遣先の面談、派遣の登録会などなど、合わせて冗談ではなく20以上いきました。
ただ、転職先のごたごたはありうる話ですし、これだけ大変なことになるかもしれないという覚悟は持っておいてください。
全有給を派遣の労務に充てていたため、この、20以上の面談は全て定時後、土日など、時間外で行っています。本当に大変でした…。
以下、同じことをしようとしている人への抑えてほしいポイントです。

  • 有休消化中だということは、副業の方には言っておいた方がいいです。社会保険とか、源泉徴収とかで困らなくて済みます。本業の方には言わなくて大丈夫です。
  • 一番大変なのはスケジュール調整です。転職活動はただでさえ、転職元と転職先の2社の調整が必要になります。そこに、もう一社追加しようとしているので、当然大変です。それさえ乗り切れば、実際の仕事は問題なく進むと思います。なので、大変なのは1~2か月前。1月末に転職するのであれば、大変なのは11~12月です。
  • 一日くらい本当に休む日を作った方がいいです。転職先の都合だったり、本業の都合だったり、平日に時間が必要になることは結構あります。仕事を入れてしまっていると仮病でしか休めなくなります。

また、色々ありましたが、理想のスケジュールはこんな形だと思います。よかったら、参考にしてください。

転職スケジュール、理想の形

色々大変ですが、丸一か月以上の有休消化。無駄にするのはもったいないですね。すこしでも参考にしていただけたら幸いです。

コメント