元請け、1次請け、2次請け、3次請け

SEのこと
スポンサーリンク

IT業界には元請け、1次請け、2次請け、3次請け…という形態があります。
商流と呼びます。
お金をたくさん貰うには、ここの理解は必須なので、記事にしてみました(*´ω`*)
※長いです…思いつくままに書いています。
受けがよかったら、もちょっと綺麗に書きなおします…

元請け、直請け、1次請け

1次請けは、
元請け = 直請け = 1次請け と扱われる
元請け = 直請け > 1次請け と扱われることもあります。
私が今までかかわってきた会社では分けて考える(元請け = 直請け > 一次請け)方が多かったので、分けてご説明します。
また、なぜこのような認識の差ができるかは、案件ごとに体系に微妙な違いがあり、それを一般化しようとしているからです。
元請け、直請け、一次請けの細かい違いは別記事にて!
また、元請けは、=直請けと思って大丈夫です。

元請け、直請け

まず、お客さんA自動車がいたとします。
A自動車は、在庫・販売管理に、パッケージのシステムではなくて、自分の会社専用のシステムが欲しくて、Sierを探します。
自力で探したり、コンサル(アクセンチュアとか)に探してもらったり、色々ありますが、
SierA、SierB、SierCに在庫・販売管理のシステムが欲しいから、見積下さいと依頼します。納期は1年くらいがいいなーと条件もつけます。
SierA 1.5億
SierB 1.8億
SierC 2億
と回答がきて、じゃあSierAにお願いしよう!とA自動車が決めます。
このSierAが元請けになります。

SierAは、見積もりを、適当に出しているのではなく、
内部で、その機能を作るには150人月かかるな…
じゃあ上流1人月辺り150万円×50人月+下流工程1人月辺り75万×100人月⇒1.5億で見積回答しようか!と考えています。

この、1人月辺りの値段設定が150万円とか75万とか、高価になる理由はこちらで説明しています。

なので、SierAはA自動車から発注が来たら、150人月の人員を集めます。
ただし、1年で150人月。単純計算で150/12⇒12.5人必要ですね。
でも、最初から最後まで12.5人必要かと言うと、そうではないです。

ウォーターフローの開発では
要件定義⇒基本設計⇒詳細設計⇒実装⇒単体テスト⇒結合テスト⇒総合テスト
と流れていきますが、最初の要件定義、基本設計くらいまでは、そんなに人数が必要ありません。
ただし、実装、単体テスト辺りは20人とか欲しいですね。
しかし、SierAの中では20人も対応出来る社員がいません。
なので、他の会社から人員募集をします。
SierAから社員が3人出せるとします。
あと17人補充しないといけません。

1次請け

ここで元請け会社は、1次請け会社(協力会社とよく言ったりしますが)に声をかけます。
※この1次請けと元請けというのは、区別が微妙な場合もあります。大体の場合で、直請けと言うと、この1次請けのことを指すことが多いです。
6月~半年くらい、~50万で実装、テストしてくれる人いませんかー?と
見積時点では75万でしたね。
この差額の25万は元請けであるSierAの儲けになります。
ただ、1次請け会社だけでも17人集まらなかったり、より良い17人を集めるために、SierAは応募(提案)は少しでもたくさん欲しいです。

2次請け、3次請け…

なので、1次請け会社は、2次請け会社に声をかけます。
6月~半年くらい、~40万で実装、テストしてくれる人いませんかー?と

1次請け会社への募集は50万でした。
でも今度は40万で募集します。
そうすることで、差額の10万円は1次請け会社の儲けになります。
今度2次請け会社は、3次請け会社に声をかけます。
6月~半年くらい、~30万で実装、テストしてくれる人いませんかー?と
30万では3次請け会社から応募(提案)がくる可能性は低いですが、他に仕事がなかったり、個人(フリーランス)だったりと、場合によっては、それでも提案はあります。

まとめ

まとめると、
例えば3次請け会社からの提案て人を撮った場合、
A自動車は1人75万円を支払っているのに
元請け会社が25万円抜いて、残り50万円
1次請け会社が10万円抜いて、残り40万円
2次請け会社が10万円抜いて、残り30万円
3次請け会社は30万円貰えます。
なぜ元請け会社は25万も抜くのか…
その中には、リスクが含まれたり、お金がかかったりするからです。
この話はさらに長くなるので、別記事にします。

また、この金額から、自分の所属する会社にマージンが取られていくことになります。
例えば上記の2次請けで、正社員であれば、40万から6割程度引かれて、給料は18万…ということになってしまいます。

雇用形態によるマージンの違いはこちらをご覧下さい(*´ω`*)