なぜフリーランスは儲かるのか?

フリーランス
スポンサーリンク

フリーランスのシステムエンジニア(SE)は儲かります。金額で言ったら正社員の倍近くは稼げます。
下記の私のお給料推移を見ていただいてもわかると思います。


何故こんなことが起きるのか、解説していきたいと思います。

正社員のお給料の仕組み

まず、分かりやすく、正社員の下請けのお給料の仕組みを解説します。

正社員のお給料の謎。単価は80万なのに、貰えるのは30万。消えた50万。
正社員のお給料のなぞ

図のように、私は、元請け会社から80万をもらっているのに、会社からのお給料は30万しかもらえていません。

消えた50万円の内訳は簡単に言うと、こうなっています。上司、社長、経理や人事総務などの管理部門、営業担当への振り分け。厚生年金、社会保険の会社負担分として、役所への納金。仕事がなくなっても、社員へお給料を払い続けるためのプール金。

正社員は、私の経験上ですが、約6割程度会社に取られます。

正社員のお給料の仕組み
正社員のお給料の仕組み

フリーランスの報酬の仕組み

しかし、フリーランスの場合、こうなります。社会保険もないし、管理部門も必要ありません。必要なのは、エージェントへの営業料だけということになります。エージェントにも寄りますが、一般的にエージェントに取られるマージンは1割程度です。

フリーランスの報酬の仕組み
フリーランスの報酬の仕組み

これがフリーランスが稼げる理由です。

また、特定の取引先と仲良くなり、エージェントさんを通さなくてもお仕事が貰えるようになるケースがあります。

その場合は当然、マージンは何も無くなるので、単価=自分の収入になってきます。

派遣のお給料の仕組み

ちなみに、派遣社員はこうなります。上司がおらず、仕事が無くなれば、給料を払う義務はないのでプール金もいりません。しかし、社会保険、厚生年金はありますので、市役所への納金は残ります。

私の経験上、派遣社員は5割程度会社に取られます。

派遣のお給料の仕組み
派遣のお給料の仕組み

まとめ

フリーランスの収入が高いのは、保証や面倒を見てくれる人がいないからです。

正社員で、なんで俺は80万稼いでるのに、30万しか貰えないんだ!って言う方が結構いらっしゃるんですが、こういった理由です。嫌ならフリーランスになりなさいってことですね。

フリーランスになるには、エージェントに登録して、仕事を紹介してもらう必要があります。

私でもできるかなー?
って方は、フォスターフリーランスとかギークスジョブとかに、登録してみると、いいと思います。
無料で色々教えてくれますよー(ㅅ´ ˘ `)♡

コメント