客先常駐SEはよくない?

SEのこと
スポンサーリンク

客先常駐について、
「スキルが身に付きにかない」
「自社勤務に比べて昇進が遅れる」
など。あまりよくない話をネットで聞くことがあります。

ですが、IT業界のシステムエンジニア(SE)では基本的な働き方です。
漠然と不安に感じて欲しくないので、結局客先常駐とはなんなのかと、SEのそれぞれの働き方について、メリットデメリットをまとめたいと思います。

また、うちは客先常駐ではありませんよー!と謳い文句にしている会社もちらほら見かけますが、こういった会社は本当にいいのか?そんなことも書いていきたいと思います。

客先常駐とは

客先常駐とは具体的にどういうことなのか、どうして起きるのかは下記記事にまとめています。

客先常駐のメリット

いろんな場所を経験できる

大体ひとつのプロジェクトは半年~3年くらいになるのですが、その周期で働く場所が変わるというのは、とても新鮮で楽しいです。
私は、新しい地に行くと、そこで美味しいランチを探すのが一つの楽しみになっています。

いろんな人と関われる

いろんなお客さん、プロジェクトの仲間と関われます。
専門分野が違う人と関わることで、自分のやりたいことが見えてくるかもしれません。
私もたった5年間ですが、100人以上の人と関わり、飲みに行き(笑)、今でも仲良くしてくださってる方も数十人います。

客先常駐のデメリット

帰属意識がさがる

よく言われますが、同じプロジェクトの人達とは仲良くなるのですが、同じ会社の人と関わる機会が少なく、帰属意識が下がります。

ですが、たいていの企業は帰社日を作って、社内でのイベントを行ったりと努力はしています。

昇給しにくい

これもたまにききます。現場に上司がずっといないこともあります。そうすると、評価は上司が直接するのではなく、現場での評価を上司が聞き、それを元に評価をすることになる場合もあります。
現場に気に入られてしまえば特に問題はないのですが、現場に馴染めなかったりすると、評価されにくかったりするのかもしれませんね。

私の場合は、正社員の時客先常駐でしたが、現場からの評価で特に問題なく昇給しました。
私の給料推移は下記記事をご覧下さい。

なので、評価されない。お給料が上がらない…というのは、客先常駐だから、というよりは、会社の問題な気がします。
あまりにひどいようなら転職を考えたほうがいいんではないかな?と思います。

常駐先のルールに従う必要がある

これも自社持ち帰りの場合には当てはまりませんが、常駐する場合、常駐先のルールに従う必要があります。
勤務時間、お昼の時間。
場所によっては、喫煙は10分以内。など。

まとめ

なにが言いたいかというと、そんなに客先常駐を悪く思わないでね。ということです(笑)

どうしても客先常駐が嫌という方は、自社製品開発ができる大手の会社に入ってください。
大手に入ることができなれば、5~10年くらい我慢して客先常駐をし、その後、自社製品開発ができる会社か、社内SEにでもなればいいと思います。

コメント