フリーランスの確定申告

フリーランス
スポンサーリンク
ありす
ありす

フリーランスになったら、確定申告しないといけないんですよね…。

めんどくさそう…。やだな…。

るな
るな

まぁ、めんどくさいんだけどね。

でも、これを頑張ると、税金が正社員の時の半分位になるから!

頑張んないと損!

去年までもふるさと納税を5社以上している関係で、毎年確定申告はしていたのですが、今年から、はじめて確定申告らしい確定申告をすることになったので、まとめておきます。

結局何をすればいい?

確定申告…やることがたくさんあって大変そう。と思うかもしれませんが、結局は、以下の2枚の資料を税務署に送るだけの作業になります。

確定申告書B

収支内訳書(一般用)

じゃあ簡単?

確定申告書の事業所得欄、収支内訳書の売上(収入)欄に、収入を記載し、合計とか〇-〇と書いてあるところを記入すれば、最低限は完成です。
ですが、このままだと課税所得(収入から経費、控除を引いたもの)が高く、税金が高くなってしまいます。

例えば、年収600万だった場合、経費も控除も何も計算しなければ、課税所得=600万となります。
所得税の税率は、課税所得が330万円~695万円の時は課税所得の20%-427500円なので、
600×0.2-427500円⇒77万2500円となります。
住民税は住んでいる地域にもよるのですが、簡単に計算するために課税所得の10%とします(実際にはこれより少しだけ安くなるところが多いかなと思います)
そうすると、600×0.1⇒60万となります。

所得税77万。住民税60万。合わせて137万…
高いですね…こんなに払えません…
なので、経費の計上、各控除をしていくわけです。
逆にめんどうだから、いいよ、これ全部払うよって方は、面倒な計上は不要です(笑)

控除の記入

控除はサラリーマンの時も、バイトの時もあったと思います。年末になると書かされるやつですね。こんなやつです。

給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申請書

これと同じようなことをしていきます。

基礎控除

必ず皆が使える控除です。38万円固定。

社会保険控除

年金、保険の分の控除です。
社会保険でも国民健康保険でも、厚生年金でも国民年金でもこの控除の対象になります。

生命保険料控除、地震保険控除

各、保険に入っていれば控除されます。限度額があります。

寄付金控除

ふるさと納税の控除はこちらです。限度額があります。

扶養控除、配偶者控除

扶養に入っているお子さんや、配偶者の方がいれば控除されます。
共働きの場合はだめです。

経費を計上

仕事をするにはスーツが必要だし、付き合いでの飲み代も必要です。
でも、全国のサラリーマンが全員経費の申請をしないといけないとなると、申請する側もされる側も大変なので、実は会社に雇われている人は、見込みの経費が計上されています。
そして、その経費分には税金はかかってきません。
経費の話なんですが、給与所得控除といいます。ややこしい…。
金額で言うとこのくらい。

・給与年収が162.5万円まで:65万円
・給与年収が162.5万円超~180万円以下:給与年収×40%
・給与年収が180万円超~360万円以下:給与年収×30%+18万円
・給与年収が360万円超~660万円以下:給与年収×20%+54万円
・給与年収が660万円超~1,000万円以下:給与年収×10%+120万円
・給与年収が1,000万円超:220万円
・給与年収が1,500万円超:245万円(上限)

ですが、フリーランスというのは、個人で会社を経営しているとになるので、しっかり使った分の経費を申請しないといけません。
会社を経営すると、経費はすごく安いかもしれないし、すごくかかるかもしれないし、申請しないと判断がつかないからですね。

ただ、私たちシステムエンジニア(SE)のフリーランスの場合は、やっていることはサラリーマンとほぼ変わりません。なので、↑の金額程度の経費を申請するのが無難です。

まとめ

上記の控除、経費の計上をすることで、課税対象の金額ががくっと減ります。
先ほど例で挙げた年収600万なら、おそらくそんなに頑張らなくても400万。がんばれば300万くらいになると思います。

課税対象の金額が下がれば、税金も下がります。
600万だったときは137万もかかった税金が、60万程度に下がると思います。

ありす
ありす

めんどくさがらずに、ちゃんと確定申告しないとってことですね!

コメント