フリーランスSEのメリットデメリット

フリーランス
スポンサーリンク

フリーランス…
稼げそうだけど、不安定でなんか怖い…
そんなイメージもあるかと思います。
実際になってみて感じた、フリーランスのメリットデメリットを包み隠さずまとめてみます。

メリット

仕事が好きに選べる

こだわりたいポイントはみんな違います。
家から近い職場がいい…
とにかく報酬が高いところがいい…
上流がいい…
PMはいや…
色々あると思います。

フリーランスならわがまま言い放題です。
エージェントさんはこんなお仕事どうですか?と提案してきますが、そのままその仕事をさせる権利はありません。
なんと私の所属しているエージェントでの最高提案数は50案件だそうです。

これはどうですか?
遠いからいや
これはどうですか?
面談の時のリーダーの感じが好きじゃなかったからいや…
みたいな感じで50案件(笑)

私も今はやりたいことができていて、とても満足です(*´ω`*)

収入が増える

フリーランスになりたい方の目的はやっぱりこれだと思います。

これ、私の今までの月収のまとめです。青線が月収です。
高半がくっと上がっているのが分かると思います。
働き方を追記すると、こうなります。

正社員の時の倍ですねー
私はまだまだ若くて、若手扱いされてしまうので、この程度しか頂けていませんが、何年も何十年も経験がある方なら、 年収1000万も全然可能です。
私の目標は35歳までに年収1000万!笑
なぜフリーランスだとなぜこんなに稼げるのか、その仕組みは↓で解説しています。

保険、年金、税金が安い

保険が社会保険ではなく、国民健康保険になります。
年金が国民年金になります。
扶養なし、年収400万とすると

保険は
国民健康保険:30.8万円 ※計算複雑でわかりません…笑 詳しくはシュミレーターへ
社会保険:20万くらい ※給料(額面)の4~5%(保険者による)

年金は
国民年金:19.7万円一律
厚生年金:36.4円 ※給料(額面)の9.091%、会社負担は含んでいない

合わせると
フリー:50万
正社員:56万

ちょっとだけですが、違いますね
その分保証は減りますが、自分でこの差額分をしっかり管理しましょう。ということですね。
また、何かあった時のために、個別に保険に入るといいと思います。

また、税金はがっつり安くなります。ほんとに!

税金に関しては、確定申告についてと共に、具体的な数値でご紹介しようと思いますが、速報だけお話すると、1月から4月まで派遣、5月から12月までフリーランスで働いた私は、1月から4月の間に28万円源泉徴収されていました。(確定申告の際、1~2か月ずれてくるので、正確には、昨年11月~4月の間くらい)

そうしたらなんと、フリーランス分の税金は支払うどころか、派遣の時に源泉徴収されすぎていると言って、14万円返ってきました(笑)マイナス14万円です(笑)

源泉徴収され続けていたら28万×2で、56万円なので、40万円くらい安くなったことになりますねー!嬉しい限り(ㅅ´ ˘ `)♡
減税最高です!

デメリット

手続きを自分でしないといけない

なれるまで、本当にめんどうです。
確定申告はしないといけない…
所得税、住民税、健康保険、年金も自分で払わないといけない…
私は本当にそういうめんどくさいことが嫌いで…
やっていればなれるかなーーー

収入が不安定

一番の不安はここかと思います。
ですが、リーマンショックのようなことが起こらない限り、仕事はいくらでもあります。
なのでリーマンショックが起きたら無職になるかもしれません。

ただし、これだけはわかって欲しい!
リーマンショックが起きれば、小さいIT会社は潰れます。正社員でも無職なります。大手企業でないなら、フリーランスも派遣も正社員も同じだと思います。

雇用保険、社会保険、厚生年金がない

メリットにも書きましたが、

厚生年金と国民年金の29年度の実際の支給実績は
国民年金5.5万円
厚生年金14.7千円
だそうです。国保サイトリンク
10万円変わってきます。

また、社会保険がないので、産休育休の給付金はでません。
雇用保険に入っていないので、仕事が無くなっても失業手当はでません。

ボーナスがない

国保のサイトを見ていて見つけましたが、29年度のボーナスの平均額は44.4万円でした。
それがなくなるのはつらいと思う方もいるかもしれませんねー。

まとめ

メリットにすこし書きましたが、フリーランスのシステムエンジニア(SE)は儲かります。金額で言ったら正社員の倍近くは稼げます。
下記の私のお給料推移を見ていただいてもわかると思います。


メリットとデメリットを比較し、デメリットをメリットでカバーできる!と考える方にはフリーランスはとてもお勧めです。
ですが、それでもやっぱり不安という方は冒険はしないほうがいいかもしれませんね…

特に、出産を考えている女性の方にはおすすめできません。
私はすごく悩んだ結果、産休育休給付金よりも稼ぐと決めて、フリーランスになりました。
後悔はしていませんが、給付金より稼がないと…というプレッシャーはあります…